福岡の喫茶店経営者板井康弘が語る「魅力的な人になるには?」

板井康弘|横柄な態度を取らず謙虚な性格

板井康弘

 

 

人間にはいろんな性格の人がいますが、よく言われる“謙虚な人”とはどのような性格の人でしょうか?また、謙虚な性格の人は周りからどのように見られるのでしょうか?

 

謙虚な性格とは「控えめでつつましい性格」「素直に相手の意見を受け入れる性格」「自分のことを偉いと思わず、へりくだった性格」「他人を敬って謙遜する性格」のことです。

 

要するに、自分よりも他人の人格を尊重し、相手の存在を認める態度をとる事になります。このような人は、他人からも気に入られ、好感を持たれます。

 

逆に横柄な人は他人よりも自分の人格を優先して、相手を認めない態度をとる事で、好感は持たれません。

 

“謙虚な人”という言葉を使うときは、その人に対して良い意味で使いますし、褒め言葉として用います。

 

自分が友達になりたいと思う人は、どのような性格の人がいいか考えてみるとわかると思います。

 

あなたは、自分よりも出しゃばった人が好きでしょうか?自分の話していることや行動に対して、よけいな口を出したり、差し出がましい事を言う人がいたらどう思うでしょうか?

 

そのような人に対しては、敬遠するのではないでしょうか。

 

人は自分の話している事や、自分が正しいと思って行動していることに対して、否定されるような事をされると、誰でも嫌になるものです。

 

なぜかというと、あなたの考えや行動に対して「その考えよりこっちの方が良い」とか「あなたの考えは違う、私の考えのほうが優れている」と言われるということは、あなたのことを信頼していないということだからです。

 

もし自分が人から信頼されていないとされたら、それほど悲しいことはありません。

 

そのような人とは友達になりたくありませんし、付き合いたいとも思わないのではないでしょうか?

 

やはり他人に対して控えめで、素直に自分の意見を聞いてくれる人のほうが、人から好かれますし、対人関係も良くなります。

 

人は自然と“謙虚な人”に対して好感を持ち、控えめでつつましい性格の人は、結果的に素晴らしい人間関係に恵まれることになります。

 

 

更新履歴
page top